« ゴルフ会員権の譲渡損失と損益通算について | メイン | ハダカの遺言書はどうなる? »

還付消費税の会計処理はこうする

今回は還付消費税の会計処理についてご説明します。
実は先日、あるサラリーマンの方から次のようなメールをいただいたのです(原文どおり)。

「はじめまして。
今年からサラリーマン大家デビューしました○○と申します。

鹿谷先生の著書『家主さん、地主さん、もっと勉強して下さい!』を読んで税務のご相談をさせていただきたいと思い、連絡させていただきました。

<私の現在の状況>
今年の3月に△△に新築の一棟マンション(20室、×××万円/年)を個人名義で購入しました。
課税事業者、青色申告を申請済みですが、申告はまだです。

また、消費税申告については、申告期間を3ヵ月に短縮しました関係で、これまでに3月分と6月分の2回を自分で申告しています(還付も受けています)。

そして、今、◇◇に2棟目の新築マンション(15室、×××万円/年)を購入することがほぼ決まりました(2009年3月完成予定)。
消費税還付を受けるため、今度は法人(合同会社?)を設立して、その管理会社名義で買う予定です。

つきましては、新規法人設立、消費税還付、法人の確定申告につき、是非お手伝いいただければと考えています。

できましたら、一度お伺いさせていただき、貴社のサービス内容のご説明とお見積もりをいただけますと幸いです。
宜しくお願いいたします。」

このメールをいただいて数日後にお会いしたのですが、ご自分で消費税の還付手続きをしているほどですから、かなりの勉強家です。

いずれにしても実際にお会いして、いろいろお話をさせていただいたのですが、最後のほうで次のような質問をされるのです。

「還付請求で貰った消費税はどのように会計処理するのですか?」

私は次のようにお答えしました。
「消費税の会計処理には税込み経理方式と税抜き経理方式の2つの方式があります。もし還付請求で貰った消費税を税込み経理方式で処理しますと、もらった消費税に対しても所得税がかかってしまいます。」

このようにお話したところ、そのお客様は困った顔をして次のように言われるのです。

「私もよく分からなかったので、何人かに聞いたのですが、皆さん、どちらでも良いのではないですか、と言っていたのですが・・・。」

そこで私は「確定申告はこれからですから、特に問題ないのでは?」と言いますと、彼は「何かの書類に税込み経理方式を選んで書いた気がするのですが・・・。」と言って、持って来ていた書類を探したところ、次のような書類が見付かりました。

その書類は税務署から送られてきた「消費税還付についてのお尋ね」というものです。それには税込み経理方式か税抜き経理方式かを選択する欄があり、確かに税込み経理方式のほうに○が付いていました。

しかしながら、これは一応その予定である旨の届け出ですから、実際の会計処理において税抜き経理をしておけば多分認められると思う、ということを話しますと何となく安心されたようです。

ここで税込み経理方式と税抜き経理方式のそれぞれの具体的仕訳方法を書いておきますと、次のようになります。

<税込み経理方式>
(借方)預金×××/(貸方)雑収入×××

<税抜き経理方式>
(借方)仮受け消費税等×××/(貸方)仮払い消費税等×××
(借方)未収消費税等 ×××/

(借方)預金×××/(貸方)未収消費税等×××

消費税の経理処理は慣れないと難しいのですが、いずれにしても税込み経理方式で処理した場合、雑収入に対して所得税とか住民税がかかってしまいます。

そのお客様の場合には還付消費税(雑収入)が約500万円、実効税率が約30%ですから税金は150万円程になります。もし、このまま確定申告していたとしたら間違いなくかかっていたわけです。

ところで、この消費税の会計処理についてインターネットでいろいろ検索したところ、キチンと理解されていない方がかなりいらっしゃるようです。

還付請求することばかりに神経を取られ、チョットした会計処理のミスで無駄な税金を払ってしまうことのないよう、皆様方も十分ご注意下さい。

この記事へのトラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.43up.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/137

この記事へのコメントを投稿

初めてコメントをされる場合、コメントが表示される前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがございます。承認されるまでコメントは表示されません。その際はしばらくお待ちください。