« 自宅をリフォームして賃貸する場合の注意点 | メイン | アパートか、戸建貸家か? »

相続対策の王道はやはりアパマン経営です

相続対策には節税、納税、遺産分割の3つがありますが、今回は節税について書いておきます。相続税の節税というと毎年、相続人とかお孫さんに少しずつ財産を贈与するというのが一般的です。贈与税というのは毎年少しずつ贈与するのであればそれほどかかりませんし、贈与の場合は貰った人のうれしそうな顔を直接見ることができるからやりがいがあるのです(相続の場合はそのようなことは期待できません)。
したがって、ある程度の資産家であれば、ほとんどの方が何らかの形で実行されているようです。ただし、贈与が有効なのは一般的には金融資産です。その理由は不動産の場合はコストと手間がかかるからです。

このように贈与という方法は一般的に金融資産に限られるのですが、それでは財産のほとんどが土地であるといった場合はどうすれば良いのでしょうか? これについてはアパートとか賃貸マンション等を建てるという方法が一般的です。

それではなぜアパートとか賃貸マンションを建てれば相続税が安くなるのでしょうか? たとえ建築費を支払うための借入金は相続財産から控除できるといっても建物という財産が増えるわけですから差し引きトントンではないかと思えるからです。

これについては既にご存知とは思いますが、建物の相続税評価額が建築費に比べてかなり安いというのがその理由です。例えば、1億円のアパートを建てた場合、そのアパートの相続税評価額はだいたい3500万円になります。2億円であれば7000万円程度です。したがって、その差額が評価減になるというわけです。
それではなぜ、このように評価額を安くしているのでしょうか? 私が考えるに、やはり国としても建物を建ててほしいのです。民間が建てなければ公的部門が建てなければなりません(例えば公的住宅)が、それでは国の借金が膨らむ一方です。もし、民間が建ててくれれば借金が膨らむこともありませんし、毎年の固定資産税だって収入として期待できるのです。
このように一種のアメとして評価額を低く抑えているのだと考えられます。

いずれにしましても新規にアパートとか賃貸マンション、あるいは貸事務所、貸店舗等を建てれば相続税がかなり安くなるということだけは事実です。あとは、いかにして優良な入居者を見つけてくるかということですが、このようなことは当然ながら企画段階で詳細に煮詰めておくべきものです。

ところで私も相続対策として今まで数多くの建築プランをご提案してきましたが、自分が関わった建物というのはやはり愛着があるものです。皆様方も、もし遊休地があるのであれば、ご自分の意見をできるだけ反映させた良い「作品」を作るようにして下さい。
なお、実行される場合には是非ご家族の意見を事前に聞くようにして下さい。いくら離れて生活しているからといって自分の知らないうちに建物という大きなハコができていると、どなたも面白くないものです。せっかく相続対策として相続税を安くしておきたいと考えていたとしても勝手にやったのでは嫌われるのがオチです。

この記事へのトラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.43up.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/86

この記事へのコメントを投稿

初めてコメントをされる場合、コメントが表示される前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがございます。承認されるまでコメントは表示されません。その際はしばらくお待ちください。